nettogemu

ネットゲームをめぐっては、国営新華社系の経済紙・経済参考報が8月3日、名指しで「精神的アヘン」などと批判する記事を掲載。関連する株価が一時下落した後、該当の表現が削除されたことがあった。
近視になる子どもが多くなったり、学業にマイナスの影響が現れたりしているとし、「電子麻薬」などと批判した。
中国では、未成年のプレイ時間や課金を制限する規定ができた。日本市場での勝敗は会社の今後を左右する。
中国のオンラインゲーム人口は約4億9400万人と、ここ3年間で1億人以上増加。ゲーム障害が社会問題化していた。
一方、アメリカの業界団体は「ゲーム依存症、科学的な証拠不十分」と反発
ゲーム症・障害を新たに盛り込む