nettoijime

インターネット上で、もう何年も続く私への誹謗中傷。どこかの時点で「慣れる」のではないかと思っていた。しかし、まったく慣れない。慣れるどころか、暴言は2倍、4倍とどんどん威力を増して襲いかかってくるのだ。
深刻なネットいじめ。女性がターゲットになりやすいという研究結果もあります
数々のネットいじめ対策を講じてきたInstagramが、「関わりたくない相手を一度に管理できる」機能と「タグ付けとメンションを許可する相手を選択」する新機能を導入した。
ネットいじめにあっている子どもの多くが、親には打ち明けられていない...親御さんが子ども変化に気づくことが大切です。
「この言葉を書いたら犯罪」というような明確な基準はないが...
今回テストされる機能によって、DMがより便利なツールになり、ネット上の嫌がらせを減らすことにも繋がるのではないでしょうか。
この機能の初期のテストでは、確かな効果が認められたとのことです。
アイルランドの13歳の少年が「ネットいじめ」の深刻さを訴える動画を作り、YouTube上で公開した。
理解ある人となら、僕はお付き合いを出来るかもしれない。そう思った僕はmixiのプロフィール欄にHIVであることを記載しました。しかし......。
「嘘やヘイトを広める人たちは、恥を知るべきです」
別人の画像に、「久保帯人先生」悪ふざけはダメ――。
マサチューセッツの少女が、ネット上のボーイフレンドの自殺を、メールで促していた。メールには「みんなしばらくは悲しむだろうけど、乗り越えて前に進むよ」などと書かれていた。
ユニセフによる「ネットいじめ」撲滅キャンペーンのポスターが話題だ。同級生にスマートフォンのカメラを向けた生徒たち、そしてそれを傍観する生徒もデザインされている。
有名人が自分に関する罵倒ツイートにうまく切り返す。それは微笑ましい光景だ。でもホームレスの人が自分への罵倒を見てしまったら……。
「私のように、22歳で間違った相手と恋に落ちてしまった人もいるのではないでしょうか。しかし私の場合とは違って、おそらくアメリカ合衆国の大統領ではなかったでしょう」
1964年、キティー・ジェノベーゼという女性がクイーンズのキューガーデン地区で刺されて死亡した。彼女は助けを求めて30分以上叫び続けたが、通行人や近くのアパート住人たちは彼女の願いを無視した。オンライン世界はジェノベーゼの悲劇ほど切迫した状態ではないが、最近OSUの最新研究によると、彼女の名前が残された傍観者効果が、未だに強く生き続けていることは明らかだ。
福岡県春日市教委は、市内の中学生がスマートフォンを夜10時以降に利用すること禁止する。LINEなどのトラブルを回避するため。
『ネットの闇』はすでに使い古されたフレーズになりました。なぜならネットに闇がるのは当たり前のこととして定着したからです。
われらがCANVASと、Googleが「インターネットとできること」というサイトを開設しました。「可能性あふれるこどもたちと インターネットの出会いの先には さまざまな未来へのストーリーがあるはず。日本と海外のキッズ&ティーンが踏み出した 新しい世界への一歩をご紹介します。」冒頭、そう記しています。
自殺した10代の少女の父が投稿したブログをスプラッシュにした。10代がネット空間で標的になる「ネットいじめ」はカナダで大きな問題だ。