nichibeianzenhoshojoyaku

メモは「相対立する意見を無理に包容させたものとしか考えられない」とし、統治行為論が最高裁の「多数意見」と言えるのかと疑問を呈している
ブルームバーグの情報筋は、トランプ氏の個人的な会話だとしている。
4月28日。実は、日本はその長い歴史の中で幾度となく節目たるものをこの日に迎えている。
安倍晋三首相は5月15日の記者会見で、集団的自衛権の行使容認について、限定的な行使容認を視野に、与党協議を進めると述べた。与党協議では具体的な事例をあげて調整を進め、憲法解釈の変更が必要であるとなった場合には閣議決定を行い、国会に諮るとしている。
オバマ米大統領が23日夜、来日した。安倍晋三首相と24日午前、東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談した後、共同記者会見を行う。日米は、尖閣諸島への日米安全保障条約の適用を明記する共同文書を発表する方向だ。
中国外務省は23日、領土問題ではどちらか一方に加担しない約束を守るよう米国に求めたことを明らかにした。 オバマ米大統領が、尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲内との認識を示したことを受けたもの。 定例会見で明らかにした。
日本航空や全日空は、中国が主張し始めた防空識別圏に当初従う決定をしたが、日本の航空当局からの圧力により、撤回に至っている。ところが、中国防空圏にB-52爆撃機を送り込んで挑戦状を叩きつけたはずの米国で、連邦航空局FAAはユナイテッド航空やデルタ航空に対し、中国側の要求に従って飛行計画を通知するよう勧告した。