nikkeiheikinkabuka

8月27日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比101円15銭安の2万7641円14銭で終えた。
「崖」「ナイアガラフォール」などと話題に。
その背景には、市場のムードの変化による暴落が更なる暴落を招くメカニズムが働いています。
「日経平均株価が上昇してるらしいけど、何の株を買えばいいかも分からない」といった声もありました。
NYダウはどうでしょうか?戦後からNYダウの推移は、30年間上がり続けているのです。
国民が将来受け取る年金を本気で守ろうとするのならば、足元の運用成績に一喜一憂するのではなく、根本的な制度のあり方に早期に手をつけるべく、議論することだろう。
ETFの買入れでこれまでと同じような株価の下支え効果を得るには買入枠を増やす必要がある。
ギリシャ問題が混迷を深めるにもかかわらず、株価の下落は限定的だ。そもそもギリシャ問題は日本経済への影響が大きくないことはあるにせよ、なぜ限定的なのか。
日経平均株価が終値で2万円を割った。懸案のギリシャ問題に進展が見られないうえ、頼みの米国景気が思ったほど順調に回復していないことが確認されたためだ。
アベノミクスの開始から2年以上が経過し、日経平均株価も2万円を回復したように企業業績の回復が進んでいます。そのなかで最も伸びた分野は、どのような業種でしょう。