nsa

ドイツ政府がアメリカ国家安全保障局(NSA)がドイツのメルケル首相の携帯電話の通話を傍受していた可能性がある声明を発表したことに関連し、イギリスの新聞「ガーディアン」は10月24日、NSAが世界のリーダー35人の通話を傍受していたと伝えた。
米国と他の国々との間で、一時は秘密だったNSAスパイ問題に関する緊張が高まる中、ドイツのDer Spiegel紙は今日(米国時間8/25)、NSAが国連のニューヨーク本部を一年近くにわたり盗聴していたと報じた…
最近、アメリカでは、情報機関である国家安全保障局 (National Security Agency) が、アメリカ国内の一般国民を対象に不法でスパイ監視行為をしたことが公開され、大きな波紋を呼んでいる。特に、連邦公務員、及び、政府とさまざまな形態の契約を結び、勤務する関連業者はインターネットの監視技術を悪用、または濫用することに対する厳しい批判的な反応を招いた。ところが、このような複雑な問題を単に倫理的な次元においてのみ扱うなら、私たちの社会にすこぶる大きい影響及ぼす現象を見落とす恐れがある。
合衆国国家安全保障局(National Security Agency, NSA)を内部告発したEdward Snowdenにメールサービスを提供していたとされる企業が、次のような不吉なメッセージを遺して突然閉鎖した: “私がこの決定に至った経緯をみなさんと共有することは、違法となります。そのことがとても残念です”…
米国家安全保障局のアレキサンダー長官は、Black Hatセキュリティー・カンファレンスの壇上で、NSAのやっていることは合法かつ有効で何ら議論を呼ぶものではないと再度語った…
英紙ガーディアン(電子版)は16日、イギリスの通信傍受機関である政府通信本部(GCHQ)が2009年にロンドンで開催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議などで、各国高官らの電話やメールを傍受していたと報じた。米国家安全保障局(NSA)が個人情報を極秘調査していたことを暴露した元CIA職員のエドワード・スノーデン氏から入手した資料で確認したという。17日夜イギリス・北アイルランドで始まる主要8カ国首脳会議(G8サミット)を前に...
国家安全保障局(NSA)のインターネット詮索に対する発作的怒りが爆発する中、多くのアメリカ人は権力によるスパイ行為を全く問題なしと考えている。「アメリカ人の過半数 ― 56% ― はNSAによる通話記録の追跡を政府のテロ対索手段として受け入れている」と、最新のPewレポートは伝えている…
アメリカ政府が大量の個人情報を秘密裏に収集していたことが明らかになり、その事実を暴露した人物の素性と生の声が世間を賑わせてから数日。事件の波紋が広がっている。海外各紙は、それぞれの切り口から事態を分析した...
香港紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト(南華早報)』は6月13日早朝(現地時間)、エドワード・スノーデンの独占インタビューに関する新たな記事を発表した(同紙は12日午後にも、インタビューの抜粋を発表している)。
9日(現地時間)にスノーデン氏への独占インタビューに成功したガーディアン紙は、入手した国家機密の中から「Boundless Informant」と呼ばれる情報収集ツールの存在を発見したと報じている…