okawashogakko

宮城県石巻市の大川小学校で、東日本大震災の津波の犠牲となった児童らの遺族が宮城県と石巻市を訴えた訴訟で、仙台地裁は26日、地震後の避難で学校側に過失があったと認定し、約14億円の支払いを市と県に命じる判決を言い渡した。
「小さな命の意味を考える会」の佐藤和隆さん、大川小問題を追い続けてきた池上正樹さんから、東日本大震災最大の悲劇「大川小問題」について、勉強させていただきました。
震災から今日に至るまでの間、遺族たちは、どのような思いで結審を迎えたのか。
東日本大震災から5年にあたり、どんな記事を出すかという会議で、編集部員から出たのは「被災地にとって、5年という数字に大きな意味はないですよね」という言葉だった。
遺族は司法の場に期待している。
遺族たちは、証人尋問の期日が被告側の都合で4カ月も先延ばしされたことに対して、口々に不満を述べた。
戦後最悪の学校災害と真摯にむきあわない教育現場で、子どもの命を守ることはできない。
11月13日には、仙台地裁の裁判官によって、被災校舎や周辺の裏山などの現地視察が行われた。
乗客と運転士合わせて107人が死亡、負傷者562人を出した2005年4月25日のJR福知山線の脱線事故から、まもなく10年を迎える。
大川小学校の被災校舎をめぐって保存か解体かを決める地元住民による初めての話し合いが行われ、アンケート投票の結果、保存を求める意見が最も多くなりました。