okkusufamu

「大企業と超富裕層が税金を逃れ、賃金を下げ、政権に影響を与えることによって、いかに格差の広がりに拍車をかけているかを詳述している」
「貧富の差は、過去12か月間で劇的に拡大した」
各方面から警鐘が鳴らされる格差の課題。その進行は急速にそして確実に進んでいます。
難民キャンプでは夜間にトイレに行った女性が暴行される事件がたびたび発生しているが、そのような女性たちを守るために、用と足すとライトが点灯するトイレが作られた。
私たちは株主(シェアホルダー)の価値を作り出すのではなく、株主以外の利害関係者(ステークホルダー)の価値を高めるように変わらなければならない。
貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム」は、世界人口の最富裕層の「1%」が、世界にある資産の48%を握っているという新たな報告書を発表した。来年2016年には、「1%」が世界の富の半分以上を手にすることになりそうだ。
この冬、日本の私たちが経験した大雪も、昨年11月にフィリピンを襲った台風30号(ハイエン)もまだ多くの人の記憶に新しいだろう。いずれの場合も、食を支える農業そして漁業が大きな打撃を受けた。温暖化が進むにつれ、こうした極端な気象現象による自然災害の頻度が増えることが予測されている。
2014年3月15日で勃発から3年を迎えたシリア内戦に反対するキャンペーンが、ネットや世界で広がっている。クリスティアーノ・ロナウドやメリンダ・ゲイツも参加しているこの運動のモチーフに使われているのは、アーティスト・バンスキーの「赤い風船に手を伸ばす女の子」だ。
私たちは今、行動を起こす最適の好機を手にし、世界の貧困との戦いにおける重要な局面にいる。革新的資金調達がダボス会議終了後も引き続き世界的協議事項であり続けるよう希望する。