okumamachi

大熊町に「帰る」という人が少ないのも、再建に利用できる町土が限られるのも事実。
大熊は今後も町として残って欲しいと思います。自宅を諦めた今、町が「私が大熊の人間であった」という証なのです。
「必ず避難のバスは来ます」と伝えないと、パニックになり、けが人などが出たら大変だと考えました。
「原発は安全が前提ではない。機械は万能ではない」という冷静な認識、覚悟が必要だと感じています。
2017年3月、大熊町は東日本大震災とそれに伴う東京電力福島第一原発事故に対する町の対応をまとめた「大熊町震災記録誌」を発行した。
「少しずつ汐凪に近づいている気がします」と綴っていた。
板橋区議会区民環境委員会において、ホタル生態環境館におけるホタル飼育の実態に疑問を投げかける、衝撃的な報告がなされました。
福島県楢葉町の町議会は、除染作業で発生する土壌や廃棄物を保管する「中間貯蔵施設」の建設をめぐり、住民投票の実施を求める条例案を反対多数で否決した。