omurahideaki

一方で、事務局がアルバイト募集に関与したことは否定した。
国の緊急事態宣言からは愛知は除外。「名古屋飛ばし」という言葉がSNSでトレンド入りしていました。
「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の再開に抗議して10月8日、河村たかし名古屋市長が芸術祭の会場前で座り込みをしました。
表現の不自由展を含む、あいトリの全面再開。河村市長はトリエンナーレのレガシーについて「暴力が残っただけ。より厳しくチェックせな、となっちゃった」と語りました。
8日午後の観覧方法は、午前10時に公式サイトで公表される。動画撮影は禁止したうえで、8日は写真撮影を希望する人には、会場の職員が撮影し、後日撮影した写真を送付する。
「8月1日にスタートしたときの展示が全面的に再開するのが我々実行委のミッション」と話した。
「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった問題に関連し、今回の事態の教訓を将来にいかすための「あいち宣言」が作られている。
愛知県文化芸術課のサイトで、意見の音声が公開されていたが、30日に削除された。担当者は「検証委の指示で引き上げた」と説明した。
愛知県一宮市の市立浅井中学校3年生の男子生徒が自殺した問題で、上田隆司校長が13日記者会見し、「(担任の)不適切な指導があった」と謝罪した。
「イベントなどを自粛するくらいなら、熊本の酒を買って宴会をする方がよっぽど応援になる。」