opundeta

福島のことを「被災地だけの経験にしない」。3月11日に特設サイトがオープンしました。
台湾のデジタル担当大臣 オードリー・タンさんがハフポストLIVE で語ったこと。「みんながマイノリティーになりうるという感覚を」「誰も取り残さないテクノロジー」のあり方とはーー? 全4回にわたってお伝えします
白内障になって失明のリスクが高くなった時に自分の人生は「このままでいいのかな?」と考えざるを得なくなった。
Journalism++が実際に作成したウェブサイトは、データを可視化してユーザーの利用しやすさを高めた、いい事例である。その一部を紹介しよう。
私が当選直後から主張してきた政策の一つに、「オープンデータの促進・利活用」があります。
豊かな水辺環境を後世に残していくために、一般市民が行動を起こすきっかけ作りと、水辺環境を向上させていくためのサービス「AQMAP(アクマップ)」をご紹介します。
ゴミ問題が解決されない理由のひとつにゴミのポイ捨てとゴミ拾いに関するデータがないことがあります。ゴミ拾いの可視化やデータを地道に集めることには意義があるのです。
全国にどれくらいの数の公園があるかご存知ですか?国土交通省の発表によると、なんと全国には約10万4千箇所もの公園があるそうです。
オープンデータを使った可視化です。
Youthpolicy.orgは、世界のユースワーク、若者政策に関する調査と研究をし事実に基づいた知識の集積をしているウェブサイトですが、中でも一押しなのが195カ国各国の若者政策に関する情報を収集したファクトシートです。