osakatokoso

何か大きなきっかけがなければ、「議論が深まる」などということはありえないと知るべき。
前大阪市長の橋下徹氏と松井知事ら、「大阪維新の会」の今後を占う意味で注目された。
高齢者に交通費補助を出す制度は、端的に言って非常にタチの悪いバラマキ政策です。
「間違いを犯したくない」という気持ちは、誰の心の中にもあります。それが過剰に膨らみ、組織の中に浸透したとき、それは「無謬性神話」という形で具現化してしまうのです。
11月の大阪府・市のダブル選挙では、都構想を公約に掲げるとしています。
長年、記者をやっていた人間としては政治家がウソをつく人種であることなど身にしみて理解している。
今、あらためて政局や国政に翻弄されることのない、地方自治・地方議会の時代に突入したと確信しております。
高齢者選挙権制限の発想は、高齢化に伴いシルバー民主主義が叫ばれるようになって、最近ちょこちょこ目にするようになりました。
本日取り上げるのは、今回の条例案で改正が行われた「東京都女性福祉資金」の貸付について。
そもそも今回の「改正」法案は、派遣社員をずっと派遣のまま働かせることができるようにするという、一部の経営者の都合だけを考えた天下の悪法だ