oshimayuko

2人は、NHK連続テレビ小説『スカーレット』(2019年9月~2020年3月放送)での共演していた。
前田と大島は『AKB48選抜総選挙』で2回ずつ1位を分け合ったAKB48のレジェンド。重圧に耐えてAKB48グループをけん引してきた指原の卒業を先輩たちがねぎらった。
大島は7月2日に仙台で行ったファンイベントで、海外に渡航することを示唆した発言をし、ファンからも拍手が送られていた。
爆笑問題の太田光が21日、自身のTBSラジオで須藤凛々花と元AKB48の大島優子とのやり取りについて「スケバン集団にしか思えない」などと話した。
元AKB48の大島優子が、結婚発表した須藤凜々花を批判する動画について謝罪した。
お笑い芸人の有吉弘行が、AKB48選抜総選挙の開票イベントで結婚を発表した須藤凛々花に対し批判的な反応を示した元AKBの大島優子について苦言を呈した。
元AKB48で女優の大島優子が、連続テレビ小説『あさが来た』(月~土 前8:00 総合ほか)に平塚明(はる/後の“平塚らいてう”)役で出演することが3日、同局から発表された。
米ヤンキースの田中将大投手、女優の大島優子、俳優の坂上忍、歌舞伎俳優の市川海老蔵、サッカー日本代表の長谷部誠らがツイッターやブログを通じて、震災の影響をあらためて考える声、完全復興を願う声、4年目を迎えた想いを発信している。
大島優子(25)が9日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、2006年4月1日の劇場デビューから8年2ヶ月におよぶアイドル活動に幕を下ろした。最後のあいさつで「最初入ったとき、嫌いだったんですAKBのこと」とぶちまけつつも、「今までの卒業生よりも一番、AKB48の近くにいたい」と今後もメンバーを支えることを誓った。
AKB48・大島優子(25)の“2ヶ月越し”のリベンジとなる卒業コンサートが8日、東京・味の素スタジアムで行われた。メンバーとファンの「ヘビーローテーション」の大合唱のなか、バラの花で覆われたブランコで推定30メートルの高さまで上がった大島は、宙から隅々のファンにあいさつ。メンバーのいるメインステージから約100メートル先の反対スタンドのドアに消えていくと「私は本当にAKB48が大好きです。みんな、行ってきまーす!」と絶叫。メンバーは「行ってらっしゃーい!」と明るく送り出した。