otomokatsuhiro

1988年公開の「AKIRA」、2004年の「スチームボーイ」に続く3作目の長編アニメーション映画「ORBITAL ERA」の制作も決定。大友克洋氏自身が原案・脚本・デザインワーク・監督を手掛ける。
ハリウッド実写版はキャスティングなどが批判を受けることも多く不安が残ります。
2015年には大友克洋氏が受賞していました。
渋谷パルコの建て替え工事現場で、5月17日から掲出されている大友克洋氏の『AKIRA(アキラ)』のアート作品が話題になっている。
建て替え工事を行なっている渋谷パルコの工事用仮囲いに、大友克洋氏の『AKIRA』をモチーフにしたアート作品がお目見えした。
7月に公開された「風立ちぬ」を最後に、9月、長編アニメーション映画から引退宣言をした宮﨑駿監督。引退を惜しんで、世界中から6秒の「アニメーション作品」が集まった。
日本を代表するアニメ監督、宮崎駿の引退は、中国でも大きな話題となった。今や世界中で大人気の日本アニメだが、もちろん中国でもその人気は例外ではない。その中でも宮崎駿はやはり特別だ。描写の美しさはもちろんのこと、反戦的で平和を重んずるストーリーも高い評価を得ている。