otsukakagu

大塚家具の話をしたいと思っています。いまさら?と言うなかれ。
3月27日に開かれた株主総会では、結局、大塚久美子社長が会社側提案として出していた取締役選任議案が可決され、大塚勝久会長が株主提案として出していた取締役候補は否決された。
大塚家具の株主総会に先立ち、コピーライター・長谷川哲士さんが3月21日、同社が発信したら面白いと思う宣伝コピーや、説明資料の要点をTwitter上で発表していた。
経営方針を巡って親子が対立している大塚家具の株主総会で、父親の大塚勝久会長を取締役から外すとした大塚久美子社長側の議案が賛成多数で可決された。
創業者で父の大塚勝久会長と長女の久美子社長が経営権を巡り争っている大塚家具の騒動。双方が、株主総会に向けて委任状争奪戦(プロキシファイト)を繰り広げている。
創業者会長と長女の社長が対立する家具インテリア大手の大塚家具で、大塚久美子社長(47)は26日、対立が表面化後、初めての記者会見を開いた。