oya

自立し、周りと助け合える優しい人になってほしいーー。子どもを持つ親ならそう願う人が多いのではないでしょうか。生まれながらに骨が折れやすい「骨形成不全症」という障害をもつ伊是名夏子さんが、子育てにおいて日々工夫していることを教えてくれました。キーワードは「選択肢を用意してあげること」です。
複雑な家庭環境で育ち、ブラック企業に就職し、自殺未遂を経験した小林エリコさんが、機能不全の家族から脱するまでを綴ったエッセイを通して捉え直す「家族」の枠組み。
耳の聴こえない両親を持つぼくは、ひとつのnoteに出会った。そこには難聴という診断を受けた息子への思いが綴られていた。
父・マサルは家族にとっての太陽だった。一緒に住んでいる頃は暑すぎて鬱陶しかったが、一旦離れてしまうとその存在が心から離れない。
“障害”はトレーニングで治るものではありません。「治す」のではなく、子どもの生活を「ラクにする」ことを考えてみてください。
子どもについてウカツに質問をした経験がある人たちに、その無神経さを自覚してほしい。
子どものために、親が本気で頭を下げている姿は、彼らの心に深く刺さるはず。
遊んで欲しくない子は避ける?断る?それとも...。
我が母・トシコは、24歳で知り合い、結婚したマサルを、愛し続けたまま死んでいく。