rakugo

笑点の人気者。多くの人に愛された林家こん平さんの訃報に、悲しみの声が広がっている。
心から「笑い」を楽しめる幸せを、いま噛み締めたい。
圓朝の傑作怪談噺「真景累ケ淵」を全編演じる。「古典」を伝えることへのこだわり
忘れられた落語を、後世に伝えたい――。そんな思いを生前に語っていた。
通夜および告別式は密葬にて執り行われた。
笑っている日本人も多いが、逆に笑われている日本人も多いのではないか。
体調不良で休養していた落語家の桂歌丸(80)が17日に取材に応じ、“裸芸”でブレーク中のピン芸人、アキラ100%に苦言を呈した。
大阪府は吉本興業などと連携し、笑いががん医療に効果があるのかを調べる実証実験を始めます。