rakugo

熊さん、八っつぁん……。古典落語の世界には愛すべき住人たちがたくさん出てきますが、女性は少数。彼女たちの心情が丁寧に描かれることも希です。古今東西の男性たちが練り上げてきた名作を女性目線で組み替える落語家の林家つる子さん。その高座が共感を呼んでいます。
笑いを通じてこどもたちに地球温暖化や海洋ゴミの問題を伝える活動があるのを知っていますか?全国の小中学校に出前授業を届ける「海の落語プロジェクト」。エンターテインメントの力を生かしたSDGs学習の現場を取材しました。
笑点の人気者。多くの人に愛された林家こん平さんの訃報に、悲しみの声が広がっている。
心から「笑い」を楽しめる幸せを、いま噛み締めたい。
圓朝の傑作怪談噺「真景累ケ淵」を全編演じる。「古典」を伝えることへのこだわり
忘れられた落語を、後世に伝えたい――。そんな思いを生前に語っていた。
通夜および告別式は密葬にて執り行われた。
笑っている日本人も多いが、逆に笑われている日本人も多いのではないか。