ransogan

「ここからが私の人生。やりたいことは我慢しないぞ」
「ふさわしい人がこのコラムを読み、ジェイソンに会い、もう一つの愛が始まることを心から望みます」
子宮全摘、抗がん剤治療を経て、仕事復帰した藤河さん、闘病を語ってくれました。
「膣についてほとんど話さない現状を変えたいんです」
女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが3月24日、卵巣と卵管を摘出する予防手術を受けたことを明らかにした。
日本人女性の16人に1人が発症するともといわれる乳がん。統計によると、2008年に乳がんと診断された女性は6万5千人を超える。そのうち、5~10%は遺伝的な影響があると考えられているという。米女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)が14日、米ニューヨークタイムズ紙に「My Medical Choice」と題する記事を寄せ、両乳房の切除手術を受けたことを明らかにした。遺伝性のがんを予防するためという。