risaikuru

同社によると、2015年に捨てられた紙おむつの量は一般廃棄物の5%弱を占めた。
アパレル各社も、サステナビリティに関する取り組みを経営戦略として強化している。そして、それを可能にしているのはテクノロジーの力だ。
2030年までに、グローバルで使用する全てのペットボトルの素材を「化石由来原料の新規使用ゼロ」に−−。高い目標を掲げるサントリー。「ボトル to ボトル」といったペットボトルのリサイクル技術、植物由来原料100%使用のペットボトルなど、技術革新の最前線に迫る。
PRESENTED BY サントリー
リユースは、ただ再利用するのではなく、そこに込められた思いまで含めてもう一度、再生するということ。
スウェーデン発、ファッションによる「身に着ける」社会貢献って?
PRESENTED BY アイ・ネクストジーイー
使用済みジップロックを回収し、別のプラスチック製品に作り替えることで廃プラスチック問題の解決に貢献する活動です。
スウェーデンのウォッチメーカー「TRIWA」は、ファッションを通じて環境保護のメッセージを届けています。
PRESENTED BY アイ・ネクストジーイー
他にもキッコーマンの醤油や味の素の顆粒だしなど、身近な商品ががリサイクル容器で買えるようになるかもしれない。
いま流行の「アップサイクル」。2007年から廃タイヤで作ったバッグを販売している会社の代表は「あくまでも品質や機能、価格が重要」と語ります。
コカ・コーラ社が「ボトルtoボトル」で目指す廃棄物ゼロの社会
PRESENTED BY 日本コカ・コーラ