rodojikan

「AIの進化でなくなる仕事」と「働き方改革」が同時に議論されるいま、「働く」とは何なのか?
「働き手の都合に合わせた労働体系が進むと、何が起きるのか?」
3月17日に開催された第9回働き方改革実現会議のご報告です。労働時間の上限に対する政労使案、3月末にとりまとめる「実行計画の骨子」が会議に提出されました。
ヤマト運輸は、宅配便の配達時間帯指定枠のうち「正午〜14時」を6月に廃止します。また当日の再配達受付の締め切り時刻も、4月24日より最大で1時間20分早めます。
月末の金曜日の退社時刻を午後3時に繰り上げる「プレミアムフライデー」が、2月24日から始まった。
内需拡大のための施策の一環として発表された。
安倍首相「特に、労働側、使用者側には、しっかりと合意を形成していただく必要があります。」
「仕事=あなたにぜひやってほしい、と舞い込んでくる楽しいもの」になれば、仕事がいわゆる「仕事」ではなくなるのかもしれません。
働くことに関する問題を未然に防ぐには、働くときに必要な法律や決まりの「ワークルール」をきちんと知っておくことが大切です。
教員の慢性的な長時間労働の実態が浮き彫りに。