rodoseisansei

54%が「働き方改革で労働生産性は向上しないと思う」と回答。
PRESENTED BY エン・ジャパン
それでも日本が過去最高となったのは非正規雇用が増えていたからだった。
課長の業務量は増大する一方で、相対的に見た賃金水準は低下し、かつてに比べて割が悪いポジションになっていることがうかがわれる。
われわれが幸せに暮らすためには、今、「利便性」とは何かを問うことが必要だ。
管理職層であるミドル世代に求めらているのは、経営トップが描く「ビジョン」と社員が直面する「現実」をつなぐ「架け橋」になることです。
PRESENTED BY エン・ジャパン
日本生産性本部の発表によると、2015年の1時間当たりの労働生産性が、日本はOECD加盟35か国の中で20位、G7の中では最下位という結果になりました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
勤勉さは素晴らしいが、そればかりに頼り、もっと働かせればよいというやり方は限界に来た。
12月から、社員の『ストレスチェック』が、企業に義務化された。残業時間に対して企業はどのように考え、また、実際の取り組みはどうなっているのか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
"お客様が神様の国"は、長時間労働の国でもあるのだ。