ruwanda

逮捕されたのは、ルワンダ出身のフェリシアン・カブガ容疑者。今後、国際刑事裁判にかけられる予定。
奥へと進む。義肢装具士のエメリーが黙々と作業していた。彼は2012年からここで働き始め、翌2013年には神奈川県による海外研修員受け入れ制度で日本に渡り、日本の義足製作の技術を学んできた。以前は複数の義肢装具士を雇っていたが、資金と人件費の
毎年、この時期になると思い出してしまう。1994年にルワンダで起きたジェノサイド(集団抹殺)。
毎年4月7日は、「1994年のルワンダにおけるジェノサイドを考える国際デー」とされており、犠牲者の追悼とジェノサイド防止が呼びかけられる。
母国を追われて新たな地を求めざるを得なかった、勇気ある女性たちを讃える力強い写真だ。
危機の状況に至った時、国連の国際職員を救出することは決まっていますが、いつも問題になるのは現地職員をどうするかという点です。
国際社会から忘れ去られた、ルワンダ大虐殺以外の「もう一つの大虐殺」がある。それはルワンダの隣に位置する、ブルンジという小さな国で起きた。
現在議論の的となっている南スーダンのPKOも、まさに矛盾のただ中にある。
#OnigiriActionというハッシュタグは瞬く間にSNS上で広がり、わずか3日で1万枚以上と予想を大きく超える数の投稿が集まることに。