ruwanda

逮捕されたのは、ルワンダ出身のフェリシアン・カブガ容疑者。今後、国際刑事裁判にかけられる予定。
奥へと進む。義肢装具士のエメリーが黙々と作業していた。彼は2012年からここで働き始め、翌2013年には神奈川県による海外研修員受け入れ制度で日本に渡り、日本の義足製作の技術を学んできた。以前は複数の義肢装具士を雇っていたが、資金と人件費の
毎年、この時期になると思い出してしまう。1994年にルワンダで起きたジェノサイド(集団抹殺)。
毎年4月7日は、「1994年のルワンダにおけるジェノサイドを考える国際デー」とされており、犠牲者の追悼とジェノサイド防止が呼びかけられる。
母国を追われて新たな地を求めざるを得なかった、勇気ある女性たちを讃える力強い写真だ。
危機の状況に至った時、国連の国際職員を救出することは決まっていますが、いつも問題になるのは現地職員をどうするかという点です。
国際社会から忘れ去られた、ルワンダ大虐殺以外の「もう一つの大虐殺」がある。それはルワンダの隣に位置する、ブルンジという小さな国で起きた。
現在議論の的となっている南スーダンのPKOも、まさに矛盾のただ中にある。
#OnigiriActionというハッシュタグは瞬く間にSNS上で広がり、わずか3日で1万枚以上と予想を大きく超える数の投稿が集まることに。
ルワンダに住む少女によると、生理用品は貧しくて買えず、その代わり学校には生理用品が少し置いてあるそうです。でも、なんと先生が管理しているという...
「自らの権力を維持し続けるために反対勢力への弾圧を行っている」と批判されている。
ルワンダ大虐殺、東日本大震災、福島原発事故。幾つもの「壮絶な」経験をしたにも関わらず、現在日本とルワンダを行き来し、ボランティア活動に携わる一人の女性がいる。
カンベンガ・マリールイズ氏は、ルワンダでの内戦中を振り返る。「何もない中でも、唯一残ったのが"教育"だったのです。」
1994年、フツ族系の政府とそれに同調する過激派フツ族の手によって、100日間で少数派ツチ族と穏健派フツ族約80万人が殺害された。
なぜ、ルワンダの虐殺はこれ程まで悲劇的なものになってしまったのか。そこには、国連を始めとした国際社会の大失敗が存在する。
なぜ「世界」は80万人の死を防ぐことが出来なかったのだろうか。そこには、国連を始めとした国際社会の大失敗がある。
ウガンダで大統領選挙の投票が行われ、現職ムセビニ大統領(71)が得票率60.8%(2011年の68%より減少)を獲得し、当選した。
100日間で80万人の犠牲者を出したと言われるルワンダの虐殺から、今年は22年目を迎える。
ルワンダ虐殺から22年。一夜にして4万5000人が虐殺されたという技術学校の跡地、ムランビ虐殺記念館を訪れました。