sabetsuhatsugen

森喜朗氏は、女性に対する差別発言をこれまでも公の場で繰り返していた
「士農工商の下に、人間以下の存在がいる」などと差別発言をしたことで、部落解放同盟が「日本維新の会」に抗議していた。
3月には教師による差別発言も
関西学院大学で、外国人の男性講師が授業中、福島県出身の女子学生に「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」との差別的な発言をしたことがわかった。
Twitterで国籍や被爆者を差別する投稿が立て続けに書き込まれた。
サッカー・イングランドのプレミアリーグ、レスター・シティに所属するFWジェイミー・ヴァーディーが8月9日、人種差別用語にあたる「ジャップ」を連呼したとして、謝罪のコメントを発表した。
全米からTwitterに投稿されるヘイトスピーチ(差別的表現)の出所をピンポイントでつきとめ、表示する新しいマップが公開された。これによると、こういった投稿を行うツイッター利用者の多くは米国の東半分地域に住んでいるようだ。