sangyokakumei

今後働き続けていくために必要なもの、トップ3は「対人関係力」 「変化に対応する柔軟性」「マネジメントスキル」
PRESENTED BY エン・ジャパン
2016年10月21日、重要インフラを脅かす大きな事件が米国で発生した。
「第4次産業革命」と言われる大きな潮流の推進力となっているのは、飛躍的に進化する、IoT・人工知能、ビッグデータなどの技術革新だ。
失業を生む危険性をはらんでいたとしても、技術革新は進んだほうがいい。むしろ、とてつもない速さで技術革新が起きるべきだ、と考えるようになった。
本当に「8時間」には根拠があるのだろうか?
ロジャー・イーカーチ氏が発見したのは、産業革命前の西洋人は夜に2回に分けて睡眠をとっており、その間の時間は起きていた可能性があるということだ。
野波教授が紹介した最新研究の事例の中には、まるでSF映画を再現したような機種の取り組みもあり、どよめきが起きる一幕も。
ドイツ政府と産業界は、工業生産のデジタル化計画「インダストリー4・0」に成長戦略として大きな期待をかけている。連邦政府は今年から実用化へ向けてテンポを速める。
ドイツで始まった「インダストリー4.0」が日米欧の製造業に期待と不安を広げつつある。ICTによる「第4次産業革命」は、世界の製造業は注目せざるを得ないからだ。
21世紀の人類社会は、低成長と物価の安定、および富の分布の不平等化の拡大(ないし固定)によって特徴づけられる、「普通の」時代に戻るかもしれないというピケティの予測は、にわかには受け入れがたい。