sankei

同庁は、2社に根拠を示す資料の提出を求め、2社から提出された資料にはいずれも合理的な根拠はないと判断した。
産経ニュースが報じた記事が当事者への取材をしておらず誤報だったとして、産経新聞社は記事を削除し、関係者に謝罪した。
産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長について、韓国の検察は12月22日、控訴を断念した。これにより、加藤氏の無罪が確定する。
1987年の韓国民主化以降、報道内容を巡って外国報道機関の記者が刑事訴追されるのは異例の事態。日韓間の外交問題にも発展していた。
韓国政府は9月1日、駐日韓国大使館を通じ、産経新聞社に対して記事の削除を求めた。
せっかくシンガポールのリー・シェンロン首相が持っている日本への好印象が台無しです。産経記事こそが、味方すら敵に変えてしまう、国益を損なう恥ずべき行為です。
日本国憲法の改正の是非を問う全国世論調査の結果を、マスコミ各社が伝えている。
2月11日付の産経新聞に掲載された曽野綾子さんのコラムが、「アパルトヘイトを許容している」と批判されたことについて、南アフリカの人はどのように思っているのか――。朝日新聞特派員が取材した。
産経新聞に掲載された曽野綾子さんのコラムが、「アパルトヘイトを許容している」との抗議を受けていることについて、17日放送のラジオ番組で曽野さんが「差別ではなく区別」と反論した。
作家の曽野綾子さんが「日本でも移民を受け入れた上で、居住区を分けた方がいい」と2月11日付の産経新聞コラムで主張した件について、ロイターやデイリービーストといった海外メディアが、批判的に報じている。