sankenbunritsu

最も拡散したのは、俳優の井浦新さんのツイート。だが、著名人ではない人によるものの影響力も大きかった。
検察官の退職後の処遇の現状からしても、全く必要のない法案を強引に導入しようとするのはなぜか。そこに安倍政権の傲慢さがある。
三権分立の矢印の方向が、内閣から国民に向いているが「逆なのでは?」と指摘する声が上がっている。検察庁法改正案をめぐり、“検察の私物化”と批判する声がTwitter上で高まる中で、注目が集まった。内閣広報室は「図は1998年から採用されている」と説明する。
政治家だけではなく、俳優やアーティストら多くの著名人も疑問の声を上げている。
行政による「検察の私物化だ」などと批判の声が強く上がっている。
最高裁判所裁判官の国民審査と憲法改正の関係を見てみると…
「"大西洋の向こう側"の政治手法からやや影響を受けすぎているのではないか」とマクロン氏を批判する声はたびたび上がっている。