sankyu

11月21日放送の「世界の果てまでイッテQ!」で発表されました
産後うつや少子化などの問題を解決するためにも、「男の産休制度」を導入し、夫婦で一緒に育児のスタートを切ることが重要です。
投票のために帝王切開を延期した女性議員がきっかけに 
今後は体調を見ながら産休に入るという。
「雇用機会が増えている」と実感している女性は...?
PRESENTED BY エン・ジャパン
想定できていなかったたのは職場復帰後に直面するジレンマのことです。
たとえ細切れの時間だとしても、仕事から離れて時間が確保できる”育児休業”は千載一遇のチャンスだと思った。
「男性育休」を振り返って、実際のところは?社内の風土は? 今後は? など、リアルな話を伺いました。
どうしてそこまでして、女性の活躍を支援しなければならないの?と聞いたら……。
「絶対必要!」と夫婦が口を揃える父親休暇。仕事はどうやって調整してるの? 文句は言われない?
学んだことの一つは、「今までと同じように時間をかけて働くという概念は捨てること」。
今できることを手探りで模索していたら、結果オーライ、復職につながったケースも多いようで。
「正直なところ、今も不安でいっぱいではあります(笑)」試行錯誤の中で見えてきた、自分らしい働き方。
PRESENTED BY 住友商事
安心して復職を迎えるためにも、保育園やその他の預け先を確保することは先決事項です。
人事異動もあり、戻ったときに「私がいた時と全然違う」と感じるのはよくあることです。先輩ワーママはどんなことに戸惑いを感じたのか、実体験を伺いました。
職場復帰後のママが特に陥りがちな、2つの現象「キャリアダウンへの失望」と「ブランクがもたらす浦島太郎化」について、先輩ワーママの体験談を交え、対策を伝授します。