sausukaroraina

ルーフ被告は、自分の生死を決める陪審員の判決を待っている間、全く反省の色を示さなかった。
「俺は有罪だよ。誰が見たって有罪だ」
少年が父親を射殺した後、車を運転して小学校に向かったとみられる。
ドレクセルさん失踪事件は単独犯によるものか、計画性はあるのか。
白人のルーフ被告は北チャールストン拘置所でシャワールームに向かう途中、黒人のドウェイン・マリオン・スタッフォード被告がルーフ被告に向かって走り、数回殴ったという。
サウスカロライナ州で一人の女性が衝撃的な写真を激写した。ウロコの様な肌に赤い目。伝説のトカゲ男だ。
犠牲者の遺族らは「赦し」の言葉を口にし、犯行の直接の原因、ヘイト――憎しみと闘っている。
「銃を持っていれば助かったのに」――サウスカロライナ州チャールストンにあるアフリカ系アメリカ人が通う教会で銃が乱射され、男女9人が死亡した事件について、全米ライフル協会(NRA)のチャールズ・L・コットン氏がインターネット上に書き込み、「炎上」した。
犠牲者の代表は法廷にいたが、ルーフ容疑者の目を見つめ、一人づつ、彼に赦しの言葉をかけた。
サウスカロライナ州チャールストンにあるアフリカ系アメリカ人(AA)が通う教会で銃が乱射され、AAの男女9人が死亡した事件で6月18日、チャールストン近郊に住むディラン・ルーフ容疑者(21)が逮捕された。