seibutsu

巨大カタツムリ「アフリカマイマイ」は、人間に髄膜炎を引き起こす可能性のある広東住血線虫を寄生している場合もあるという。
DNAの一部が海水から見つかっていたが、正体が不明だった。大西洋を中心に分布している生き物のDNAの可能性がある、とだけ報告されていた。
大反響があったのは、イラストレーターのぬまがさワタリさんが公開した、計4枚のイラスト図解。
岡山県の倉敷市立自然史博物館で展示されている。
「意外な結果に、みんな唖然としていました」
藻類に典型的なステロイドが多く見られるのは、クライオジェニアンのスターティアン氷期とマリノアン氷期の間の短期間のみであった。
ヘビは一緒に遊んでいた友人らが捕まえてリュックサックに入れていたが、男児の母親が翌朝、「捕まえたヘビをどうしたらよいか」と警察署に問い合わせ、引き渡したという。
2016年12月19日、WWFはメコン川流域での生物調査の結果をまとめた報告を発表し、2015年の1年間に163種の新種が発見されたことを明らかにしました。
同一の宿主に、利害関係の異なる複数の寄生生物個体が存在する場合、それらは互いに競い合って宿主の行動を支配しようとする。どうやらサナダムシでは、勝利を収めるのは常に年長の1個体らしい。