seijishikinkiseiho

「政治とカネ」問題の背景にある、「政治資金規正法」をめぐる2つの大きな問題。弁護士の郷原信郎さんが徹底解説します。
安倍氏は24日の会見で、「今般の事態を招いた私の政治責任は極めて重いと自覚している」などと述べた。
東京地検特捜部が、安倍晋三前首相に任意の事情聴取を求めたとの報道。何が問題になっているのか?これまでの経緯を振り返る
安倍首相は「夕食会費用については、安倍事務所職員が1人5000円を集金してホテル名義の領収書を手交。集金した現金をその場でホテル側に渡すという形で、参加者からホテル側への支払いがなされた」と説明したが…
自民党の下村博文・幹事長代行を支援する政治団体「博友会」が2013年と14年、学校法人「加計学園」(岡山市)の秘書室長から政治資金パーティーの費用として計200万円を受け取ったことを巡り、市民団体が31日、政治資金収支報告書に入金を記載しなかったとする政治資金規正法違反容疑で下村氏ら3人を東京地検に告発した。
筆跡鑑定の結果、同一人物の記載であると判明。
最終盤に差し掛かった参院選。安倍政権がひた隠す真の争点「憲法改正」が大きくクローズアップされています。
メディアや、不信任案を突きつけた都議会議員らに疑問を呈する意見も注目を集めた。
舛添要一・東京都知事の政治資金私的流用疑惑を巡って揺れている東京都議会は、週明けから山場を迎える。
舛添都知事は選択を間違ったように思います。過信があったのでしょうか。世間を甘く見て、策に溺れてしまったようです。危機への感度が鈍いのでしょうか。