seisabetsu

「男の子の夢はサッカー選手、女の子はお嫁さん」という描き方もNGになりそうです。
統一応募用紙等の使用状況が向上していないことや、就職差別につながる面接時の質問などが減少していない実態が明らかになった。
ハイヒールで働くのつらいよ〜、という方に嬉しいお知らせです。
最後に分かったことは単純だけど、世の中一人では生きていけないし、意外と手を差し伸べてくれる世界があるってこと。
「自分はプレイボーイだ」「女性にもてる」と、思っていませんか?
10月18日、都内で開かれた「美おっぱいコンテスト2016」がネット上で物議を醸している。
ルワンダに住む少女によると、生理用品は貧しくて買えず、その代わり学校には生理用品が少し置いてあるそうです。でも、なんと先生が管理しているという...
「史上初めての野党第1党の女性代表が誕生したにもかかわらず、この国は「まだ」女性の社会進出にモタついている」
代理出産についてのイベントをすることは、地下にもぐって、なにかいけないことのように行われるよりは、批判もたくさん受ける中でも、公開されてよかった...
「男の子が涙を流すことを批判する風潮も変えましょう」
謝罪文を発表した1年後に、似たような製品を販売していることが確認されている。
女性の成功を阻むバイアスは、悪意のないところにも存在する。
性差別が理解できていないことは「人として問題」ですが、それと同時に「ビジネスパーソンとしても問題」なのです。
「Change.org」の武村若葉さんとのイベントの事前対談。ライフステージが変わるごとに女性がぶつかる壁について話が展開していきます。
女性の性とか肉体というのは差別や暴力に晒されてもそんなに問題無いよという証拠でもあると思うんです。
世界を変えたリーダーが、次世代の指導者に伝えたいこと。
それはあまりにも日常的で、女性自身が気付かずにやっていることもある。
ソーシャルメディア上で、たくさんの人たちがAP通信のツイートを「性差別」だと非難している。
男性への性差別と女性への性差別はふたつでひとつの関係です。どちらか片方だけを撤廃して片方だけを維持しようとするとバランスがおかしくなってしまいます。