seitaikei

熱波の発生は海の食物連鎖網を破壊し、生物多様性を一変させてしまう可能性がある。
人々の包括的な福利(幸福)を維持し、向上させるためにどのように自然資本を管理していくべきか。
干ばつは、生態系の炭素貯蔵に影響を及ぼすが、干ばつからの生態系の回復に影響を及ぼす要因はまだよく分かっていない。
「海草を保護し回復させることの必要性を世界の人々に納得してもらうのに、今回の成果は大いに役立つでしょう」とShortは語る。
科学的な調査というと難しいことと思われがちだが、実はこの干潟調査のように単純明快な手法で人海戦術が必要なものが多い。
ドジョウの仲間である淡水魚のアユモドキは、京都府では「絶滅寸前種」。その生息地が大規模スタジアムの建設予定地となっている。
地域によって、その状況が大きく異なり、一概に語ることの難しいツキノワグマは、日本の自然保護の現状と難しさを示す一つの事例といえるかもしれません。
「雨水」と書いて「うすい」と読むか、「あまみず」か。実は、天と地ほどの違いがあるのをご存じだろうか。
防災のために巨大な防潮堤を建設する際にも生態系への配慮が必要と考えている人が多いことが、研究グループが行った住民調査で明らかになった。