sekandoreipu

この日の口頭弁論では伊藤詩織さんのみが出廷。被告のはすみさんは請求棄却を求めた。
日本外国特派員協会で行った会見で、記者からの質問に答えた。
7月8日、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の山口敬之さんから性暴力を受けたとして慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が東京地裁で開かれた。原告、被告それぞれが出廷した。 口頭弁論は、1時間ほどの昼休憩と15分の小
母親バッシングや、共演者へのセクハラ、事件をネタにするような発言等、様々な方向に問題が拡散してしまっています。
被害者が一番に考えられなければいけないと思っています。被害者が今後さらに傷つくことのないようにされるべきだと思うのです。