sekinin

明るい笑顔と関西弁がチャーミングな、セールスリーダーの前田さんにお話を伺いました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
レポートラインの頂点にいた石原慎太郎知事(当時)についても、これらの責任追及は当然に及ぶものです。
相談すると、病院と役所から『すぐ警察に行ってくれないと困る』と言われて、不信感を持って、そのまま足が遠のきました。
ジャーナリストのZak Stoneは、テキサス州でAirbnbに宿泊している間に起きた父親の死について、興味深く、かつ示唆に富む記事を書いた。
仕事で何かミスがあった時、あなたのチームではどのような反応をするでしょうか。
日本におけるビジネスエクササイズを見ながら、英語の"responsibility" と "accountability"という「責任」に関する言葉について、考えてみた。
もしあなたが「好きなこと」を仕事にしたいと思うなら、今日からそれを「仕事」と呼んでみてはどうですか?
責任はどこにあるのか。オリンピック組織委員会か、国か、東京都か。オリンピック組織委員会の森会長の「誰にも責任はないでしょう」という発言が興味深い。
さて、みなさんに伺います。もしとあるコメンテーターが問題のある発言をした場合、テレビ局が責任を取るべきだと思いますか? 
責任を被るのは美しく聞こえます。しかしこの事例のように、無思慮に責任を被ることがむしろ全体のマイナスになることがあります。