senmonkakaigi

発言の内容を記した「議事概要」は公表されているが、発言者や、議論がどのように進んだかは分からず、批判の声が上がっている
「個人の性的指向を暴露することは、感染防止につながらないことは歴史から学べます」「韓国のようにゲイの感染が報じられれば、バッシングの根拠になる可能性がある」と発起人は語る。
「発熱後4日」とする受診のガイドラインについても「すぐ受信できるよう」見直しを表明しました
食事の時は「対面ではなく横並び」、名刺交換は「オンライン」、「会食は避けて」などなど...
「不自由な生活や仕事に耐え、オーバーシュートを避けて可能に向かっている。我々は心から感謝しています」とも話した
一般の人向けの症状が「4日以上継続した場合」について、専門家会議は「4日間経過をみてくださいというメッセージととられたのですが...」
新規感染者数が急増し、クラスター感染が報告されてる現状を考えれば、オーバーシュートが起きる前に医療現場が機能不全に陥る可能性が予想される」と強調した。
感染拡大を防ぐため時差通勤などの取り組みが実施される中、「なぜ満員電車については触れないのか」などと、疑問の声も出ていた。