serapiinu

ディグビーはこれまで、事故現場でトラウマにさらされた消防隊員のストレスを和らげるための活動をしてきました。
このシーンは、私たちに「死」とは何かを考えさせてくれる。