SF

漫画家ユニット・森長あやみの4ページマンガが「理解すると恐ろしい」とTwitterで反響を呼んでいます。
主演の橋口勇輝さんは「コロナ禍で僕自身も人と出会う機会が極端に減りました」と振り返った。
名前の通り、SF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982年)の続編である。
時間軸を超えることで得られる癒し
SF小説には未来の世界像が豊富に描かれている。その未来像が多くのテック・スタートアップや世界レベルの起業家たちから参考にされ、彼らに影響を与えている。
宇宙から侵略される地球を描いた、いままでの5倍のスケールを持つSF映画。主人公の美少女から大人へと成長した19歳のクロエ・グレース・モレッツが光っている。
ビットコインはもう終わったものなのか?デジタル通貨は話題に上ることが多くなった。しかし、多くの人はビットコインがそのままの形で数年後も存在しているか疑っている。
ついに未来の乗り物が誕生した。
「幻魔大戦」「ウルフガイ」などの作品で知られるベテランSF作家の平井和正さんが1月17日、76歳で死去した。
「壁のない飛行機」。こんな未来が、10年以内に実現できるそうです。