sheaekonomi

「他人のものに触りたくない」意識が高まった新型コロナ。シェアリングエコノミー がこの逆境を乗り切る工夫とは?
朝日新聞に設置された「信頼回復と再生のための委員会」で、記事の訂正について議論があったという。会合要旨には、「当社は、読者の信頼を取り戻すための第一歩として、訂正記事の書き方を変えます」とある。しかしその前に、訂正しなければいけない記事を書かないようにする必要があり、そのためには、取材姿勢を改めなければならない。
シェアエコノミーは地域創生にも活用可能で、経済を効率化する新しい考え方であるが、説明してきたように、数十年前から続く制度(法律・規制・慣行・思い込みなど)が、活用を阻害している。
金融機関は起業家に対して冷淡で、起業資金を貸し付ける際には不動産を担保にとるのが普通だった。これに対して、金融機関がクラウドファンディングを仲介するようになれば、自らの資金を貸し付ける必要はなくなる。