sherugasu

今日、オーブリー・マクレンダンが急死しました。56歳でした。オーブリー・マクレンダンは「シェールの父」と見做される業界のパイオニアです。
ロシアの輸出の約8割は原油やガスなどの資源といわれている。その原油価格が今年になってさらにまた下落しているのである。
74歳のファッションデザイナーは、パフォーマンスも強烈だ。
シェールガスを採掘する際に使う水「フラッキング水」には化学物質が混ざっており、水質汚染が懸念されている。公聴会で委員たちはフラッキング水は安全だと保証したが、飲むように求められると沈黙した。
米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中、日本をはじめとする工業国は、米国の購買力増加に期待している。だが、米国は自国生産を年々拡大しており、以前のような買い方をしなくなってきている。米国の変化は、今後の世界経済の動向に大きな影響を与える可能性がある。
アメリカ地質調査所(USGS)のデータによると、オクラホマ州で発生したマグニチュード3.0以上の地震は、1975年から2008年までは年平均1~3回程度発生していた。だが、2009年以降、その平均発生回数は年約40回に増えている。 USGSは、10月22日(米国時間)に発表したリリースの中で、この「群発地震」の急増は自然に発生した現象ではない可能性が高いと述べている