shikyu

日本では、メルカリやnoteなどが在宅勤務手当を支給しています。
「子宮頸管短すぎるね。入院しますか?」
36歳の誕生日の少し前、たまたま受けた検診がきっかけだった。
妊娠する可能性がゼロではないということを伝えられたらと思い、筆をとりました。
一度は克服したがんが、妊娠中に再発。それでも母は出産した。
子宮内膜症は女性みんなが知っておくべき病気。だから、自分の体験シェアします。
敬遠球の投げ損じが試合の流れを変えたケースもあると指摘する声は多い。
「子宮がある=女性の仕事は子供をつくること」にはならない。
子宮全摘、抗がん剤治療を経て、仕事復帰した藤河さん、闘病を語ってくれました。
結婚に関する用語として「ブライダルチェック」という言葉をご存知でしょうか?最近では、パートナーに対するエチケットとも考えられています。
う、寄せてはかえす陣痛の波は、まるで、浅間山荘事件の鉄球が山荘にブチ当たるかのようなイメージ。陣痛は下腹部の内側から、金属のボールでグリグリやられるような痛さ。
私は個人的には、懐妊や出産に伴うリスクを考えると、代理懐胎には反対だ。むしろ養子縁組で対応すべきであり、そのために法整備が必要ならば、その法整備を進めるべきだろう。