shikyue9a0b8gan

若い世代に乳がんや子宮頸がんが増えているにもかかわらず、未受診者が多い理由はなんだろうか。
女性にとって自らの身体を知ること、健康な状態を維持するために何をすべきか、考え行動することの大切さを学んだ1日だった。
子宮頸がんのワクチン接種は、日本では男性はおろか、女性に対しても副作用の懸念等から勧奨がストップしており、一向に再開の気配は見られません。
日本の婦人科がん検診の受診率は、乳がん、子宮頸がん、共に40%程度と非常に低く、他の先進国に比べ半分のレベルにとどまっている。
子宮頸がんで余命宣告されたカントリー歌手のジョーイ・フィークさんは、残された時間を家族と過ごすことにした。
乳がんについては死亡率が横ばいとなっているものの、子宮頸がんは死亡率が増加傾向にあるという予測が出た。
ここのところ、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン)をめぐってさまざまな動きが見られます。12月10日に、日本医師会と日本医学会による合同シンポジウム「子宮頸がんワクチンについて考える」が開催されました。
あやさんがこれまで歩んできた、私たちの想像を遥かに超える人生の軌跡を、ハフィントンポストをご覧の皆様にもお届けしたく思います。そしてまた、なぜこの10月に彼女のストーリーをお送りするかについても、読み進めていくうちにお分かりいただけるかもしれません。