shinchosha

「新潮45」を批判するのが目的か。「批評性の高いアート作品」と解釈する声も
「新潮社の対処いかんによっては、刊行を取りやめるつもりでいます」
事件記事と言うのは、同誌に限らず気分のいいものではない。私は資料を提供に協力した人たちは、どのような思いがあったのかが気になった。
アメリカ政府による個人情報収集活動を暴露したアメリカ中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者が入手した未公表の機密資料に基づいた本が今月、日本を含む世界各国で発売される。