shinkokuritsukyogijo

「未来をイメージできる駅」を掲げ、無人決済コンビニが開店するほか、乗り換え案内や清掃、警備などに人工知能(AI)を搭載したロボットが活躍する。
豪華ゲストを迎えたセレモニーの様子や、お披露目となった新しい国立競技場の姿を写真で振り返る。
東京オリンピック・パラリンピックの会場となる新しい国立競技場のオープニングセレモニーが12月21日、開かれた。競技場ゆかりの様々なアスリートやアーティストがパフォーマンスを披露した。
「嵐」と「DREAMS COME TRUE」も音楽パートで登場します。
ひさしや「気流創出ファン」を設けることで、自然の風が流れ込む工夫が施された。
風と木がテーマの新競技場は木材がふんだんに使われている。デザインを担当したのは建築家の隈研吾氏。
新国立競技場を回るほか、1964年の東京オリンピックに出場したマラソン選手、円谷幸吉さんについて学ぶ
IOCは大会開催までに約1100億円の削減が可能と主張
大成建設「元請けとして法令順守の徹底について指導し、過重労働の発生の防止に努める」