shionogiseiyaku

参入の背景にあるのは、一筋縄には進まないADHD治療の難しさだ。