shirikonbare

19歳で血液検査スタートアップ「セラノス」を創業したエリザベス・ホームズに、4つの罪で有罪が言い渡された
ISO総合研究所が「2019国際ロボット展」に出展。その思いを聞いた
PRESENTED BY ISO総合研究所
人工知能・医薬品・ドローン...発展の裏にはある共通したアプローチがあると、最新事情に詳しいエクサイジングジャパン・川ノ上和文CEOは解説する。
「ホームレスは成功を望んでいます」。男性が掲げる紙にはそんな言葉が書かれていた
今回の否決を受け、議論は9月に仕切り直しとなる。
20にものぼるソーシャルメディア対応に追われながら、高コストのニュースコンテンツに見合う、収益の道が見えないメディア。 低コスト、低品質、高拡散で、リアルニュースを圧倒するフェイクニュース。 By Blogtrepreneur howtostartablogonline.net
ほかのコミュニケーション方法が不十分であると思われる時だけ、会議を開く。
ニューヨークでは、 "人種のるつぼ"という言葉が形骸化しはじめているのを肌身で感じました。
「家族の世話をしたり、死を悲しんだりする時にも時間は必要ですから」
ベンチャー関連M&Aについては、ここ数年でスタートアップの資金調達が急増した、フィンテック分野でのM&Aが活発化しそうな予感があります。
実際のところ、トランプ氏はTwitterのヘビーユーザー。
米国ではIoT分野のM&Aが相次いで発表されており、調査会社のIDCによると米国IoT関連の投資は2.6兆円に達する見込みとのこと。
参考になりそうなポイントを「シリコンバレーで成功する7つの秘訣」としてご紹介したいと思います。
アメリカ・シリコンバレーにある町サンタクララで、道路一面が泡の海になる騒動が起きた。
バノン氏が語った「事実」は、現実とはかけ離れたものだ。
日本企業によるシリコンバレーへの投資となると、これまではNTTドコモなどの携帯キャリアなどが中心のイメージでしたが...
実際にどんな人が「米国のCTO」に選ばれているのでしょうか。
ロボット技術やソフトウェア技術の視点から、巨大産業であるレストラン、小売という事業を見直して再設計するところには、大きな事業チャンスがあるような気がしています。