shisei

ミュージシャンで文筆家の菊地成孔さん(53)は昨年、生まれて初めてタトゥーを入れました。あらゆるジャンルを股にかける異才が、独自のタトゥー論を語りました。
「自分が生きる場所を守りたい」と、無罪を訴え法廷で争っている。
声なき声にどう応えるかが大きな課題になっている。
今、スマートフォンやパソコンに向かっているあなたの姿勢はどんな様子ですか?
多くの人が一日の大部分を占める「歩く」という行為を重要視していないことです。
この習慣を取り入れれば、自信を持てるようになる。
体の不調や病気は、長い時間座っていること、例えば長時間のデスクワークよって引き起こされることがある。長時間座っていることで生じる病気の代表例と今すぐ使える対処法を紹介する。
着飾っていても、綺麗にお化粧をしていても、年より老けて見える人っていますよね。そういう人に共通しているのが"悪い姿勢"。
研究では姿勢を調整・保持することで、食事を喉に詰まらせてしまうことを防ぎ、人間がもつ本来の食事の機能を働かせることできるということが明らかになっています。
ここ最近、腰痛・肩こりに悩まされているという同僚のKくん。気づくと、仕事中もかなりの頻度で腰や首に手をあてたり、からだを伸ばしたりしています。きっとみなさんの周りにも弊社Kくんのような人が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
オフィスや家事の合間に出来る、胸を大きくするためのエクササイズをご紹介!特別な道具もいらないから、人に知られずこっそり出来ちゃう。胸は、燃焼し易い柔らかい脂肪で出来ているため、他と比べて早く痩せ易いのです。また、ダイエットでは下半身やウエストのサイズダウンのための運動はしても、胸の筋力アップはおろそかになりがち。すると、バストを支える筋力が衰え、サイズダウンしてしまいます。
選挙明けリハビリでマーケティングの現場取材をしている私。第2弾は、オムロンヘルスケアとワコールが5日に共同発表した「女姿力向上プロジェクト」の記者会見に行ってきました。企業コンテンツの上手な活用法として意外に面白かったのでサクッとご紹介する。