shogai

帝国劇場の建て替えに伴い、バリアフリーや情報保障を求める声が広がっている。運営会社の東宝は、障害のある当事者らの要望をどう受け止めたのか、取材した。
聴覚や視覚などに障害のある舞台ファンや支援者らが、建物のバリアフリーや、字幕・音声ガイドなどの情報保障をはじめとしたアクセシビリティの向上を求めて署名活動を行なった。
「不良な子孫の出生を防止する」という旧優生保護法が存在したのは1948年から1996年まで。この間、約2万5000人が強制的に不妊手術を受けさせられている。
「ビヨンセに会えなくなってしまった。またエイブリズムに襲われた」と訴える車いすの男性。ビヨンセに伝えようと動いた、ファンのパワーと連帯がすごい…!
自身初の純文学「ハンチバック」で芥川賞を受賞した市川沙央さん。会見で「読みたい本を読めないのは権利侵害。環境整備を進めてほしい」と訴えた。
20歳で全身の筋肉が衰えていく難病「筋ジストロフィー」と診断された小澤綾子さん。一度は諦めた「就職・結婚・出産」をすべて叶えた彼女の軌跡と現在地、そして見つめる未来を聞いた。
2021年から取り組み始め、再び注目された啓発ポスター。作成までには、地道な活動がありました。
障害のある人のために、着脱などがしやすい機能を備えた「アダプティブ」なコスチュームが、アメリカでは身近な場所で手に入るようになってきている。
吃音がある97人の体験談を集めた『きつねびより』。いじめ、無理解と絶望、天職と出合った喜び...。一括りにはできない、吃音者たちのリアルな日常を伝えている。【国際吃音啓発の日】
「作品の良い・悪いに障がいは関係ないですから」三井不動産レジテンシャルとstudioFLATが仕掛ける新たなアートサブスクリプションが2021年に始まった。
PRESENTED BY 三井不動産