shogaiji

「ROCKET」の5年間をまとめた『学校の枠をはずした』の発売を記念して、代官山 蔦屋書店で6月、中邑賢龍教授と料理研究家、土井善晴さんの対談が行われた。
医療的ケア児支援法。国や地方自治体が、人工呼吸器やたんの吸引などのケアが日常的に必要な「医療的ケア児」を支援する責務を負うことを定めた初めての法律だ。
提言の背景にあるのは、18歳を過ぎても障害児施設にいる「加齢児」の存在。
自分や自分の大切な人たち、友人や家族について「息をしているだけで価値がある」と心から思ったことがありますか?
円滑な引き継ぎは、無用な心配をさせないことにつながり、学校への信頼を構築する基本となります。
少しバギーの方が大きい感じがしますが、ぱっと見は一般ベビーカーと見分けがつきづらいかと思います。
「世田谷区には日本一のこども病院もあって、医療的ケア児家庭がたくさん住んでいる。世田谷にもこういう施設が必要だ」
セルビアでは何百人もの障がいをもつ子どもたちが、施設で隔離・ネグレクトされており、知的・情緒的・身体的な発育不全の可能性に直面している。
障害者総合支援法という、障害児者の生活や自立を助ける、まさに障害児者分野の基本となる法律が改正され、「医療的ケア児」という言葉が記載されました。
都内にある「児童発達支援事業所」に行ってきました。これは障害児たち対して療育や訓練を行い文字通りの「発達支援」を行う事業所です。