shogisofutofusei

谷川俊昭氏は実弟・谷川前会長とメールでやり取りをしたほか、2月に渡辺竜王とも面会したという。
将棋の三浦弘行(43)九段が対局中に将棋ソフトを不正使用していたと指摘され、のちに「不正の証拠はない」と認められたことをめぐり、ある弁護士が「渡辺明竜王を弁護する」という文書を発表し、物議を醸している。
佐藤天彦名人が語る「コンピューターが将棋に与えた影響」とは。
棋士28人が「将棋連盟の理事5人の解任」を求め、総会の開催を請求した。
日本将棋連盟は2月6日、佐藤康光九段(47)を新会長に選出した。
「公開版とドラフト版、2つの報告書が存在している」という指摘について、日本将棋連盟に電話で問い合わせた。