showatenno

漢語が多く使われた難解な文章で、当時は意味をよく理解できない国民も多かったと言われている。終戦の日、昭和天皇は何を伝えたのか?
1945年9月27日アメリカ大使館で撮影。新聞に掲載されて、日本人に衝撃を与えた「あの写真」の秘話
ジャーナリズムの先達は戦後の日本と寄り添って多くの会見記を残し、天皇の代替わりの時に逝った。
落札した文書は、「皇室にお渡しすることに決めている」という。
1945年8月14日、昭和天皇が「御前会議」で早期降伏の「聖断」を下した。そのとき、昭和天皇の様子は…。
宮内庁が復元して公開した当時の音声を、現代語訳とともに紹介する。
「これでいいじゃないか」――。日本国憲法起草のもとになった連合国軍総司令部(GHQ)草案の受け入れをめぐり、1946年2月22日に昭和天皇が幣原(しではら)喜重郎首相(当時)と面談した際の天皇の発言を示すメモが、憲法学者の故宮沢俊義・東大教授のノートに記されていたことがわかった。
1975年に昭和天皇が訪米した際、アメリカのカルト集団関係者が昭和天皇とフォード大統領の暗殺を計画していたとするアメリカ政府の公文書を、内部告発サイト「ウィキリークス」が公開したと、イギリスのサンデー・エクスプレスが1月6日に報じた。
ハフポスト日本版では、栃木県の益子陶芸美術館に問い合わせてみた。
「皆さん、お元気ですか」と呼びかける乗用車のCMから、音声が消えた。
在位期間は実に62年間。神話上の天皇を除くと最も長い期間を天皇として人生を送った。
ハフポスト日本版では、宮内庁が復元して公開した当時の音声を、現代語訳の字幕つきで動画にしてみた。
目的は玉音放送を録音したレコード(玉音盤)を奪取することにあった。
あるアメリカ人が和平のために大きな役割を果たしていたことはあまり知られていません。
1945年8月15日、日本は終戦を迎えた。正午には、昭和天皇自ら「玉音放送」を行った。その日、人々はどのように終戦を知り、受け止めたのだろうか。当時の人々が書いた日記や作文を掲載し、70年前の8月15日を追体験したいと思う。
当初、午後6時めどに送信する予定が、文案の策定に手間取り、連合国側への通告が遅れた。このため、アメリカ軍の空襲は14日夜から15日未明にかけても続くことになる。
鈴木首相は「明日午後に改めて聖断(昭和天皇の判断)を仰ぐ」と宣言して閣議は閉会した。陸軍大臣官邸に帰った阿南陸相を、一部青年将校が待ち受け、クーデター計画の詳細を明らかにして同意を迫る。