shunyu

おそらく10%への増税を決めたのは、人参の皮まで食べきる必要がなく、家計を気にしながらスーパーで買い物をする経験など一度もしたことがない人たちだ。
三菱UFJリサーチ&コンサルティングが実施した調査では、「兼業」と「副業」に対して、抱かれているイメージが異なることが明らかになった。
何と、稼いだ収入は約31億円。
女の子たちが教育を受けることで、世界はもっとよくなる。
2016年のアメリカ大統領選では「中産階級」がテーマの1つになりそうだ。彼らの多くが、将来へ下位の所得層へ転落するというの不安を抱えているからだ。
「好きなことを仕事に選べば、生涯1日たりとも働かなくて済むであろう」というが、その好きな仕事が社会に貢献するものであれば、なおさら幸せな人生を送ることができる。自分が社会に貢献していると感じる仕事とは何だろう。
ピュリツァー賞が発表された20日、かなり残念なニュースもあわせてネットを駆け巡った。受賞の知らせを受けた新聞社の中で、少なくとも2人の記者が、すでにジャーナリズム業界から転職していた、というのだ。
総務省は8月29日、7月の家計調査を発表した。調査によると、1世帯(2人以上)当たりの消費支出は 28万293円となり、物価変動を除いた実質で前年同月比5.9%減と4カ月連続で減少した。
人と比較すること。これに尋常ではない熱意を見せる人々がいる。「容姿」、「収入」、「知的能力」、「名声」、「学歴」、「資産」、「地位」など、挙げれば出せばきりがない。
フルタイムで働くアメリカ人のうち、2013年の所得が、アメリカ政府の定める最低賃金の水準だった人たち全員の収入を合計してみよう。次にその金額を2倍する。これでやっと、ウォール街の投資銀行家たちが得たボーナスの合計額の水準に達することになる。